1. イラストレーターへの道を拓こう
  2. 向上心を持つ

イラストレーターへの道を拓こう

向上心を持つ

スマートフォンやタブレットの普及によりスマホゲームの人気は高まる傾向にありますが、それに伴ってスマホゲームの配信を始めようと考える企業も増えているようです。
その結果、イラストレーターやデザイナーの手が足りなくなってきているという制作代行会社も非常に多いようです。
ですから、イラストレーターになりたい、デザイナーになりたいと考えている人たちにとって、いまは売り手市場だと言うことができるでしょう。
仕事は数多くあり、募集内容を精査して選ぶこともできるありがたい時期だと言うことができますが、だからこそ、丁寧な仕事をするべきだとも言うことができるのではないでしょうか。
なぜなら、需要が高いからこそ「デザイナーやイラストレーターになりたい」と考える人も多く、企業側はいい加減な仕事をする人は直ぐに切り捨て、「代わり」を見つけようと考えるからです。

人手が足りないからといって「誰でもいい」訳ではなく、技術があり、さらにはしっかりと丁寧な仕事をしてくれる人を集めようと考えて企業は募集を出しているのです。
実績がある企業であればあるほどレベルの高いものを求められていると考えるべきですし、そうした企業で長く働きたいと考えているのであれば、丁寧な仕事を心がけるべきでしょう。
もちろん、現在の自分の腕に満足することなく技術の向上に励むことも忘れてはいけません。
意識の持ち方ひとつで次の仕事につながるかどうかの判断が下されるのです。

企業から出されるイラストレーター募集の広告は、「イラストレーターであればいい」ということではなく、「技術を持っていて、きちんと仕事のできるイラストレーターが欲しい」ということなのです。
ですから、売り手市場だからと油断せず、技術向上に励むことこそがより良い契約を取るためには大切なのだということを覚えておいてください。
あなたの姿勢ひとつで、仕事の質は変わってくるものなのです。