1. イラストレーターへの道を拓こう
  2. 多くの募集に目を通す

イラストレーターへの道を拓こう

多くの募集に目を通す

イラストレーターやデザイナーという職業の募集は、スマホゲームなどの普及により年々増える傾向にあるようです。
ですから、求人サイトや制作代行会社のサイトには様々な条件の募集が出されています。
しかし、初めてイラストやデザインの仕事をする人には、それが好条件なのか悪条件なのかの判断はなかなかつかないのではないでしょうか。
企業に所属して仕事をする場合は別ですが、企業に属さず、フリーランスとして自営業で仕事をしようと考えているのであれば、契約書をきちんと読めるだけの知識を身に着けておく必要がありますし、条件などの募集要綱にはしっかり目を通す必要があるでしょう。

過去には、意に反したイラストの使われ方をしてしまい、結果、イラストレーターとしてのイメージを損なわれてしまったという事例もあります。
このような事態を未然に防ぐためにもイラストの使用権などについても、きちんと契約を交わすことがお勧めです。
また、二次創作のイベントを企画しているイベンターなどは、イラストレーターが趣味で描いている二次作品を見て依頼してくるケースが多いのですが、プロとしてではなく趣味の活動の延長線ということで低価格で提供して欲しいなどと言ってくるケースもあるようです。
プロとしてこれからも仕事を続けるのであれば、そうした依頼は受けない方が賢明ですし、受けるのであればプロとしての価格でなければ受けられないことをしっかりと伝えることが大切です。

また、イラストレーター募集という広告を見て仕事を始める際には、できるだけ多くの募集広告へ目を通すことが大切です。
それ以外にも募集を出している企業について調べてみることもお勧めします。
トラブルになったケースがないかを調べることは、自営業であれば当然のことでしょう。
そして、仕事先とは長く良好な関係を築いてゆきたいと考えているのであれば、そうしたことを事前に調べて信用のおける企業へ応募することが望ましいのではないでしょうか。
多くの募集があるからこそ、しっかり目を通し、検討することが重要なのだということを覚えておくと、プロのイラストレーターとして活躍する場を見極める力が身に付くはずです。